project page

相楽の家 / 京都府木津川市

 

 建築地は旧村エリアの昔ながらの民家が立ち並ぶロケーションで、更地からの新築計画である。ご夫婦とご子息家族のための二世帯住宅で、ご夫婦が一階で、ご子息家族は二階に住まうという条件からプランニングはスタートした。
 一玄関型・寝食分離型とし、程よい距離感を保つ計画とした。また、両階とも無垢材のフロア材を採用した自然派住宅としつつも、世代が求める素材の違いは、二つのテイストを生んだ。一階は水平の露し梁を用いて水平の広がりを生み、二階は小屋裏を最大限に活かした登り梁構造として、上部にも広がりを与える空間構成とした。

1
2
3
4

Copyright © 2020 MATSUMURA ARCHITECTS All Rights Reserved.